徒然日誌


プロフィール

佐倉

Author:佐倉
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


むしろイタリア人の寛容さが素敵だと思う
 「イタリアの聖堂に落書き」のニュースは、人によっては捉え方が随分違うかなーと思いました。
 「落書きするなんてけしからん!」って人も多いかと思いますが(まぁ落書き自体もいけないことだが、それを歴史的建造物や世界遺産に書ける根性がある意味すごいと思うんだけど…(褒めてはないです))、個人的にはイタリア人が謝ってる女子大学生を抱擁して「大丈夫よ」みたいな言葉をかけていたのが印象的だった。
 なんか「いろんな国か落書きされてるけど、日本人はわざわざ謝りに来た」というのがイタリア人の思ったことらしい。映像でホントに壁一面落書きされているの見たら少しショックだった。なんでそんな落書きすんだよ。意味分からん。「俺も歴史に刻んでくれ」とかか?
 結局落書きは日本人だけじゃない訳だけど、謝るのは当然だと思う。悪いことなんだし。でも謝りに言った女子大学生の勇気はやっぱり認めるべきだと思います。すごく悩んだことなんでしょうし。
 でも、いくら「わざわざ謝りに来た」からって、責めるのではなく、手を広げて「いいんだよ」って言ってあげられるイタリア人に感動しましたわ。謝りに来た事を新聞に向こうは取り上げたようだが、むしろ日本でイタリア人のことを取り上げるべきだと思う。
 私としてはなんかほのぼのするニュースでしたね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。