徒然日誌


プロフィール

佐倉

Author:佐倉
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うみねこのなく頃に EP5 (箱の中の考察)
「うみねこのなく頃に 散 EP5」のネタばれがあります。
未プレイの方はご注意を。責任はおとりかねます。































しばらくは反転で。面倒ですみません。




◎今回はかなり推理の方向を読者に分かりやすく解説してくれましたね。
おかげで推理小説は最後まで分からずほとんど直感で犯人やらを当てていた私にも推理ができそう?

ただ正直ノックスに従って推理するべきか、その判断が怖いですね。
戦人がノックスをたよりにベアトの謎を解いたようなので、解けるはず、だとは思いますが。
いや、読者と作者に愛という信頼関係がないとダメだってあれだけ戦人が言ってるんだから疑っちゃだめなのだろうか。

でもベアトの謎を解いただけでは分からんこともあるんだろうなぁ。
縁寿とかは未来の人間だから、特に。
でも4で1998年を見せていたのでこれもヒントというか手がかりなのかしらん?

とりあえず真偽はともかくノックス式で攻めてみましょう。

●犯人は戦人なのか?
そもそも戦人自身が怪しい存在なのでなんとも言えないんですが、ノックス式に考えればこれってありえないんですよね。
七条からして、いままで探偵役だった(ヱリカやドラのやりとりでいままでの探偵役が戦人と考えていいと思う。赤字だったし)戦人が犯人ではありえない。そもそもワルギリアが戦人が犯人ではないと赤字で示している。

ただし。
今回の第5のゲームでは戦人は探偵ではない。だから犯人であってもおかしくない。
逆に言えば探偵であるヱリカの手に入れる情報等は信用できる。

ただしワルギリアの赤字の範囲がEP5には及ばないのかは、言葉の取り方次第かなぁ。
あの言い方では「これらかのゲーム」も含める気がする。
つか「全ゲーム」って、「いままでの」なのか、「これからも含め」なのかどっちなのさ。

EP5がEP1の解答ならば犯人は同一犯?
でも私は5を見て、対をなす問題と解答、とは思うわないんですよね。
うみねこはあくまで同じチェス盤の外の謎の出題者と回答者のやりとりだと思います。
だから、今回戦人が犯人でもおかしくない。

でも普通、死体と一緒に寝てたら疑われるだろう。
もともと死んでいない可能性があるのですが、あくまで「探偵」と「犯人」との攻防を描いた推理小説ならば、犯人が認めていなくても作者という神が設定した探偵に疑われた行動をとらないはず。

ただし、戦人を含め大勢がぐるになって夏妃を陥れ、「夏妃が戦人を陥れようとした」という筋書きをヱリカに植え付けるためなら理解できる。
正直、ヱリカが一晩中壁に耳をつけてたって知らなきゃ意味ないけど。

ただこう考えると、いとこたちが本当に朝まで生きてたとは思えないんだよなぁ。
だってヱリカが盗聴wしてること前提で夜中から演技してたらかなり苦痛だよね。
寝たらもしかしたらいびきをかくかもしれないし、動いたら物音がする。
戦人の悲鳴もあくまで演技になる。やっぱり知ってて悲鳴上げたことになる。

「戦人くん、そろそろ悲鳴上げてもいいんじゃない?」
「そうだぜ。よし、私たちはベッドに入ってないとな」
「うー! 死体のふり死体のふり♪」

もちろんヱリカはそんなやりとり聞いてません。
でも死体が動いてないのは赤字だしな。死んでいるとは言い切れない。

くそ、なぜヱリカは探偵の役目を怠ったんだ!死体の検分は初歩だろ!
おかげで本当に朝の時点で首を斬られたのかわからん!!
今回信用できるのはヱリカだけなのに!

個人的あくまでカンだと、完全なる推理ショーはEP8な気がするんだよな。
全ゲームの答え合わせ。
だから今回の戦人の推理は分析してもいいと思うんだ。
だって結局詳しい推理までしてくんなかったし。

戦人は犯人か? 蛇足を連ねてしまったがノックス的には今回はアリ、である。


……これでやっぱり夏妃が犯人だよ☆とかだったら、もうなんか色んな人ががっくりするよね。
私は絶対に犯人でいてほしくない。

●19年前の子供
夏妃つながりでこっちを考えてみよう。


・まず、19年前の子供…男でいいのか?

金蔵がひきとるなら男が普通。
夏妃が赤子のことを男の子と認識してたか覚えてませんがどっちとも確定してなかった気がする。
ただ「僕」とかいってても、夏妃の主観では男じゃないかも…みたいな感想があった。(もとはラムダだから?)
そもそも19年前の子供が正しいともいえないけどね。詐欺かもしれんし。
怪しいので性別は保留にしとくべかな。


・簡単な謎では夏妃の「好きな季節」問題か。

大半の読者は古典的マジックに「おいおい」と思ったに違いない。
でも当時はまだマジックとか流行ってなかったのかな?
どちらにせよ、夏妃がマジックかぶれだとは思えませんがw
普通に考えて部屋に春夏秋冬それぞれを書いたカードを置いてあったとしか思えない。
ただし、他のカードを夏妃が見つけてないし、ましてヱリカが発見したわけでもないのであくまで仮説になります。

しかしこれは読者としては「部屋を施錠しているはずの夏妃の部屋になぜカードが置かれていたか」という問題のほうが重要。
使用人なら問題なく解錠できるけど、使用人室にある鍵を盗むことも可能?
そもそも部屋の個別のスペアキーってあるっけ。使用人のマスターキーがスペアってこと?
もしなければ使用人は怪しい。源次が殺される前だしね。
ま、どうにでもなるっちゃなるか。

とにかく、電話の主は少なくとも夏妃の部屋に入ったor共犯者がやったってことだよね。
それがなに?っていえばそうだけど。なんかなぁ。
どちらにせよ、夏妃を怖がらせるためだけにカードを置いたと思えないんだよね。
共犯者が元々いた状態で、共犯者にカードを部屋に置かせたならともかく、単独でしかも島の部外者ではリスクが大きい。誰かに見つかるかもしれない。
じゅうぶん夏妃を怖がらせたり脅す方法はあるから、あえてそんなマジック使わなくても良いと思うんだな。
むしろ紗音を疑わせるフラグにしか見えん。いや、もしもトリックだったら夏妃がどの季節を選ぶか分からない、か。
うーん。これは想像妄想の域を出ないな。

・19年前の子供はいったいだれだ?

子供でも1歳くらいならごまかせる、だろうか。
でも生まれたばかりの子供と一歳の子供はさすがにごまかせないよなぁ。
成長途中なら「発育がいいわね」ですまされるが、さすがに1、2歳のころはごまかしようがない気が。

(戦人の場合)
仮に戦人が19年前の子供で、なんらかの事情でルドルフや明日夢の息子に引き取られたとしても、なぜ一歳ごまかした?
明日夢が生んだ子だとしたかったから、18年前に生まれたことにしたかった?
でもなぜ霧江が気づかないんだろうか。

それにルドルフが「出生」について戦人に話そうとしていたので、仮に養子だとして引き取ったなら、霧江が(幻想で?)言っていたような「明日夢が身ごもったから結婚した」的な話はおかしい。
ルドルフの言い方からして、「(出生を知って怒った戦人に)殺されるだろうな」と言いたいのでは?と推測できる。

しかしその場合、「戦人が(出生を知って)すごく悲しむ」とか「激怒する」、じゃなくて「殺される」と表現されうる出生であるべきである。
養子だと分かったからといって、いくらなんでも養父を殺すのは思考が繋がらない気が。実際の父でなくてショックを受けても、怒ることはあるかもしれないが、殺すことはまずないだろう。

うーん。じゃあ殺したいほどの出生って、なんだ?
夏妃の話を借りてみると、
「ルドルフはどこかの女性に戦人を身ごもらせてしまう。しかしルドルフはそれを望んでいなかった。だから金蔵に相談した。
金蔵は自分の血を引く孫を福音の家にいれるわけにもいかず、それならば子供がいない長男夫婦の子供にしてしまおうと思った。孫には違いないし、孫世代の跡継ぎが男子でもあるし、いい考えだと思った」
これならどうだろうか。

実の息子なのに一度は手放されて見捨てられて、その後ルドルフがなんらかの事情で引き取ったという出生だったら怒りも湧いてくると思う。
「勝手に捨てて、勝手に引き取って。身勝手な話だ!!」
そう戦人…いや、だれだって自分がそんな出生だったら怒るよなぁ。
なんで捨てたんだ!?って殺すまではいかないかもしれないけど、少なくとも普通に「実は養父だった」と打ち明けられるよりも怒りは湧くよね。

でもそれはあくまでルドルフを恨むかもしれないけど、夏妃を恨むとは違う。

夏妃を恨むということは、やはり「19年前」に殺されかかったことが原因ということになる。
でもそれが理由というのは正直信憑性がない。
夏妃に殺されかかった、という事実を知る人間がいなければ、復讐は起こらない。
もしかしたら、生き残った赤子をひきとった養父母が昔転落した時の事を邪推して、「あなたは作為的に昔突き落とされたのよ」とか言ったっていうなら考えられるけど。
ひきとられた先が貧しくて、もしかしたら今頃天下の右代宮家の跡継ぎだったかもしれないのに!!とか考えれば、まぁ動機は十分でしょうか。

(天草の場合)
天草は98年にしか出ないからこそ、素性の知れなさで候補にあがってしまう。
ま、小此木をさしおいて全身のイラストがあるから再び出てくるだろうことは予想できるけど。

「貧しくて~」とかって考えるなら天草は結構ぴったりな気がするんだ。
勝手な想像だけど、なんか苦労した過去がありそうだし。
ただもしも天草がかつての親族会議の日にいたのなら、誰だったのか。

ノックスで考えると未知の人物ではありないので、誰かではないといけない。
普通に考えれば戦人か。あるいは、嘉音か。
そもそも譲治は19歳よりも上だし、赤子として受け入れるにはまず無理。あと恐らく毎年親族会議に出ているので、すり替わるのは不可能。戦人は成長期の六年不在だったし、嘉音は福音出身なのでもともとが天草ということも考えられる。

ただし、うみねこのノックス10条だと「手掛かりなき変装は認められない」らしい。
もとからすり替わっている場合は抵触するのか?
ヴァン・ダインの二十則だと「叙述トリック」として抵触すると思うんだよね。
(てか多分この法則、次で出る気がする。ライトという新しい登場人物がでるんだろうなぁ。)

盤上の戦人がもともと天草でも、あるいはルドルフたちがすり替えていたとしても、その場合犯人ではありえないんだよね。
そう考えるとよっぽど嘉音の方が過去が謎めいててぴったりな気がするんだよねぇ。
ただそうすると19歳にしては発育悪いよね、ってことになりますが。
まあ戦人が天草だとしても、犯人じゃないならありですか。

ただ、どうやって生き残ったんだろうか。
98年には存在するので生き残ったってことになるよなぁ。
嘉音の場合絶対に殺されてしまう。嘉音はありえない、か?
↑(追記)よく考えたら赤字で死亡宣告あるものの死体消失が多いので怪しいぞ…?

戦人なら行方不明っていう結末があるから、実は生きてましたってのもありなんだよね。
犯人から逃げた?犯人に脅された?だから生き残っても何も言わない?

ただノックス的には探偵である戦人のすり替えは駄目なんじゃないだろうか?
そうすると、18歳までの戦人は戦人で、後に天草となる。
上位の戦人はまったく違う存在。だから「6年前」をしらない?
でもどうすりゃ縁寿の兄で、しかも右代宮戦人でいられるんだろうか。
よけ
いにわけわかんなくなったぞw

ああ、でも盤上の戦人とは関係なく、上位の戦人がルドルフか霧江の息子なら問題ないのか。ただ右代宮を(赤字で)名乗れているので、ルドルフの子って方がありかな。(むしろ二人の息子ならノープロブレムですが、生きているにしろ死んでいるにしろ霧江が身ごもったのは18年前のはずですよね。それだと夏妃のが見た赤子ではない、ってことになるよねぇ。それとは関係ないのかな)

(嘉音の場合)
やっぱり19歳には無理があるような。あ、でも実は女性というならありかもね?
金蔵に気に入られて信用されているのは血縁者だから、ってのなら考えられるなぁ。
本名がでてこないのもそういう振りかな。
死体の消失率も高いし。
しかし嘉音=戦人ってしっくりこないんだよなぁ。(主観入りまくりですけど)

(紗音の場合)
女性もありかなぁっと。まあジェシカとかマリアは考えなくて良いと思うけど、。
でもノックスとしては、紗音=19年前の子供て言う手がかりなんてまるでねぇや。
本名出ちゃってるしなぁ。ないか、な。


・戦人のすり替え?

論理的ではないですが、盤上の戦人は一貫して同じですり替えはない気がする。そしたら戦人のいとこ紹介とか懐かしい気持ちとか、そういうのがうそになるぞ?
探偵役が嘘をついてはいけないというノックスはないけど、6年前の戦人とは違う場合それを示す客観的な手がかりがないと思う。
ただローザの「本当にバトラ君?」のふりや、六年前の罪をしらないあたり、それが手掛かりともいえなくはないか。
ただ六年前の罪が「約束を破ったこと」なら、約束自体を忘れている可能性が高い。

あと裏お茶会の、
「戦人に、真実を伝え~ 魔女の、真実を理解できなかった、悲しい男と。
 その二人に、……戦人は怒りと悲しみの~」
って文章の二人、つまり「魔女」と「男」の、男の方が上位の戦人ではない気がする。
わざとそう表現されているのかもしれないけど、「ベアトと盤上の戦人」のことともとれる。
真実をしった上位戦人が「罪を思いだせなくてごめん」とかじゃないし。
あまりに哀れな二人に、繊細な戦人が大泣きしても不自然じゃないし。

ただ4で望んでいたはずの戦人じゃないのに、ベアトが訴え続けた真相にたいして上位戦人が「俺が、強いた拷問」といっているので、やはりベアトが望んでいたはずの戦人なのかなぁ。




なんかとにかく疑問を考えてったら長くなりすぎw
いったん切ります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。