徒然日誌


プロフィール

佐倉

Author:佐倉
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うみねこのなく頃に (アニメ) 第9話 EpisodeII-IV skewer
うみねこアニメのネタバレあります。ご注意を。














朱志香と嘉音が出てない…?

最近うみねこばっかりです。ええ、なんかもうあきらめてますけど。

さてアニメの第9話ですが、期待してた戦人の全然だめだぜが淡々としていました。
盛り上がらねぇー。地味じゃない?

原因はやっぱりあの死んだ後の朱志香と嘉音、ベアトリーチェの会話がなかったからですね。
あそこ省く所ですかね。
所詮幻想だと、そう言いたいんですかね。
朱志香の涙ながらの訴えるシーンがぐっとくると思うんですけどね。く、くそう!

ベアトリーチェは相変わらず魔女してて素敵です。
声もやっと某魔女様の印象を離れられた、かなw
ただEP2の魔女ベアトリーチェとしては気品があってぴったりだとは思うんですが、その後のはっちゃけぶりとか某魔女様がやるのかと想像してしまうと…ちょwこれは楽しみだw
(まあでもアニメで度を過ぎた演出はしないとはおもいますけれどね)

狼と羊…うーん、これもやはりキーワードということでいいのかな?
やっぱり犯人は複数犯だということなのでしょうか。いや、まあ単独犯はかなり難しいし複数犯説が普通なんですけどれどね。
それでも私はなんか単独犯…というか主犯は、全エピソードで同じ人が犯人であってほしいというか。(あって欲しいってのも変な話ですけど。)

使用人室のシーンはちゃんと入ってるんですね。
嘉音?の奇行にひいいいい!郷田じゃなくてもいやだぁあ!
礼拝堂のシーンより嫌過ぎる。
チキンですから!普通に見れない!

あと紗音がいきなり後ろにすごい跳躍してびっくりしました。
と思ったら二人があああ癒しの南條先生ぇぇぇ!!!(ええー。
源次はあいかわらず渋いですね。格好いい!

そういえばこの蜘蛛の巣うんぬんって忘れてたけどどういう意味なんだろ。
いきなり紗音が蜘蛛の巣もってきて、ってたしか悪魔だかは蜘蛛の巣が苦手なんだって解釈だっけ?
でも紗音物知りだなぁ。しかも源次も知っていたようなので、二人も結構オカルト詳しいのでしょうか。
怪しいなぁ。

次回予告が郷田ばっかりで吹いたww
ご覧でない方はぜひ見た方がいいです。絶対w



スポンサーサイト

うみねこのなく頃に 散 EP5 (箱の中の考察2)
いつのまにか拍手いただいてました!
正直あんまブログ機能わかんないんですけど、嬉しいです。ありがとう!

そんなこんなで今日も気になるところを時にノックスを頼りに考えてみよう!…と思ったけど今回はあんまり関係なかった!(笑)

さてさて考える自由はだれにでもある。だから間違っててもきにしない!!

(…考察とはあるものの正直メモに毛が生えた迷走記録なので、参考になるようなものではないかと。
疑問が疑問で埋め尽くされることもあるので、お時間があってちょっくら私の迷走ぶりを暇つぶしに見てやるか!ちょっとストーリー振り返るか!くらいな気持ちの方がお読みになるのを推奨します(笑) )

《以下「うみねこのなく頃に 散 EP5」のネタばれがあります。
未プレイの方はお気を付け下さい。 責任はとれませんのであしからず。》

















(しばらく反転しておきます。携帯の人は普通に表示されるので注意)



さて、初っ端から考察、というよりも気になったところを挙げてみたいと思います。

●EP5における書斎のシーン

別にヱリカの悔し顔とか下位戦人が有能過ぎるとか、そういう話ではなく。

書斎でベアトやドラや部下、シエスタなどなど明らかにファンタジーなキャラが出ていたにもかかわらず、上位と下位が今まで以上にごちゃまぜに表現されてました。
だから楽しめたシーンでもあるけれど、違和感がありまくりなシーンでもありました。

上層世界に居るベアトが、駒の戦人と目が合った、という描写があるが、……あれ?
そのベアトってそもそも駒のベアトの方、ですか?
よくよくtips見ると、髪を下ろした再起不能のベアトが「最上層の」ベアトリーチェらしい。
上は上でも最上層とかあるのかよ…。

つまり、世界の下層に人間の駒がいて、上層に魔女の駒がいる、という解釈でいいのでしょうか?
さらにもっと上に、大元のベアトリーチェがいる、と。
本来メタ戦人~と呼ばれる戦人もそこにいると考えていいのか?

だいたい、「新しく来たお嬢さん方。~」って言っている戦人は下層ではなく上層にいるって表現がされてますけど?後ろ柄入ってるし。これは、メタ戦人?

しかしこの時点ではまだ、本来の(というかベアトと元々戦っていたバトラね)戦人は参戦しておらず、ベルンが駒を動かしているはず。

じゃあ、お前誰だ…?

これも駒戦人なのか?
でも待て待て。戦人を動かしてるのはこの時点じゃベルンじゃん?(そうだよね?)
なのにどうして、そもそもヱリカの推理をぶち壊してるんだ?(気づくの遅いw)
まだ上層バトラがヱリカが許せなくて推理!ってなら分かるけど、駒の指し手はヱリカの主人のベルンのはず。なぜ…。

あ、そうか。最終的に夏妃を犯人にするためなのか!
だからわざと金蔵が生きていることにさせたと…!
マジで気づくの遅いな自分!!
いやしかし、それなら初めからヱリカに推理させなきゃいいんじゃね?
探偵責務とかで強制的に推理しなきゃいけない、とかだったら笑えますが。

しかしうみねこの世界観が分かりづらい。
下層、上層、最上層、という世界区分があると考えるべきでしょうか。
いやそもそも幻想だしなぁ。
それでも考える材料にしてもいいだろうか。あくまでノックス適用は盤上のみだと思うし。
盤上を離れた世界を考える上では有効と取りたいですね。

書斎シーンで他に気になったこと。
戦人たちが書斎から出た後の「俺たち二人の謎」うんぬんかんぬんは、EP4があるからこその台詞のはず。
魔女集会、裁判における冒頭のベアトの「妾たちのゲームを取り戻す」とかも含め、ベアトはゲームを奪われたこと「駒」なのに知ってるのか?

駒のベアトも前回の記憶があるってこと、か。いやあたりまえだよな。
魔女サイドは毎度普通に記憶あるもんなぁ。
でも紗音たちも記憶があるみたいだしなぁ。だけど全員記憶があるわけじゃないってのがひっかかる。
(あったらあったらで普通に殺人防ぐ、か。)
今回のベアトを見ると最上層のことはまるで分かっていないが(tipsではマスターがラムダだかららしいが…)、一応戦人とのやりとりからしてちゃんとEP4の記憶とか継がれてると取れますよね。

あ、「駒のベアト」=誰か。
             「上層のベアト」=具現化
ってわけていいですか?EP4ではそんな感じの考察でてましたし。

なんというか、書斎のシーンは好きなんだけどやっぱり胡散臭いというか。
まぁノックス式では幻想妄想シーンのなにものでもないけど。

てか戦人の駒が実はこの時ベルンじゃなくてラムダ(魔女)側とかってのはないですよね?
だから魔女に加担した推理をした、とか?
戦人が19年前の子供なら、この時点で夏妃の嘘をばらされるわけにはいかなかった、とか。
(魔女裁判でもあったように、金蔵が生きている余地が与えられていたからこそ、夏妃が犯人だと思われる要因の一つになったわけだし。
それともやはりベルンが夏妃犯人の基盤にするつもりだったのか)

う~ん。書斎の推理=金蔵がまだ生きている=夏妃を陥れるため=戦人が19年目の子供とか。
推理して夏妃を助けることが19年前の子供の伏線、ってのはアリかもしれない。

なんか考えがまとまらずごちゃごちゃしてる(´Д`;)


●碑文の謎+碑文殺人>0?

◎その前に、赤文字について。

EP5で「黄金の真実」なんて出てきちゃって、赤文字の存在が再考される流れになって頼っていい物かどうか…。

もともと赤字に疑問を感じていた方々はいらっしゃったんで再考ほどでもないですが、私はルールがフェアじゃないなぁと思って赤文字を頼ってもいいと思っていましたので。しかし実際はどうやらベアトが親切心から出してくれたルールのようですね。

ただ逆に私は「赤字はなくても本来は解ける」ってことなのかと文章から受け取りましたがいかがでしょうか。ただそうすると赤字がないと推理が非常にハイレベルになるってことですよね。
私には解けそうもないレベルだな…。場違いにオリンピック出されてる気分。

いまのところ私は赤字はいままでのスタンスで「実際に起こったこと。あったこと。そこには観測者の憶測や見間違い等の雑音が入らない」って形で受け取ります。
なのでこれからの推理展開に頼る赤文字もそういう意味で取りますのであしからず。
できれば赤文字黄金文字も考えたいけど、黄金の文字が突拍子過ぎてなにがなんだか(笑)


◎碑文と殺人

話を戻します。
さて、戦人とワルギリアの話から…

(赤文字部分は少しいじってあるので、この部分を頼りに推理したい方は実際に本篇をご覧にして参考にしてください。)

《碑文の謎》

・「碑文を誰かが解くことでベアトが何かを得ることはない(赤字)」

⇒実際にはワルギリアが「(ベアトの事を)この子」といっているので、ベアトはベアトでも「上層のベアト」が「何かを得ることはない」という意味かもしれない

だが下層ベアトはどうか?そこは考慮に入ってない?

私は駒ベアトは上層とは別の存在だと思っている。そもそも本来のベアトは「この世界のルールの具現」だったはず。
駒ベアト=人間
その駒ベアトが考えたルール=魔女ベアトリーチェ
だと思うのですが…。

しかし碑文を解くことによって、ルール自体に得はない。
…まあ、ルール自体には得も損もないよなぁ?



・「黄金郷の黄金はベアトのもの(赤字)」

「ルール」のもの?もしかしたら駒のベアトを含めた言い方かもしれない?

・「(上の続きで)…見つけさせる必要も、横取りする必要も、何もない(赤字)」

この黄金は六軒島にある黄金を指しているのだろうか。
「別の次元」の話なら、黄金の魔女ベアトリーチェが黄金を多少?盗られても痛くもかゆくもなさそうですが。しかしそれだとファンタジック解釈になる。
ベアトにとっての黄金=別の何か?

・碑文の謎を解け!の手紙の意味。

「碑文の謎が解けても解けなくても、ベアトにとって得るものはなにもない(赤字)」

(戦人)「碑文の謎自体がベアトにとって無価値じゃないか?」

(ワルギリア。白で)「碑文の謎はベアトにとって何の意味もない。ならばそれを無価値と極論しても言い返せないかもしれない」(あくまで彼女の意見)

・魔女という天秤。片方に謎の碑文。もう片方に碑文殺人。(戦人解釈)
つまりベアトにとって「碑文の謎=碑文殺人」。

なぜなら碑文の謎を解いたら碑文殺人をやめると手紙によってメッセージしているからである。
(しかしEP5をどこまで信じるかがあやしいが、少なくともEP3では殺人は終わらなかった。
これは絵羽が実際に碑文を解いていないということかもしれない。あるいは犯人に分かるように絵羽が宣言しなかったからかもしれない。それとも以降の殺人はベアト以外の存在の仕業なのかも。)

しかし…

X=Y(Xが殺人で、Yが碑文)
Y=0 だから、
X=0…?
無意味無価値のはずの碑文の謎=無意味無価値になってしまう碑文殺人?

これだと、予告状を出して碑文に沿うように殺人を起こすような、その面倒をかけてまでの代価が0ということになる。

《みたて殺人の分類(by戦人)》

?証拠やアリバイの誤魔化しのため。
→戦人は赤字のせいで誤魔化せない、としているが、死者の赤字は時間確定があやふやなので有効だと思う。
?偶然
?見せつける(殺人の予告)
…戦人がいままで気付かなかったのが恐れ入るなw

「戦人は犯人ではない。戦人は誰も殺していない。これは全ゲームにおいて言えることである(赤字)」

若干、「犯人は戦人だから、EP3の絵羽が生き残れた」のではってのも考えてもいましたが、こう赤字で言われると、実際は「絵羽は戦人を殺していない(気絶させただけかもしれない)」、あるいは「犯人が見せつけたい相手である戦人を殺したので、絵羽を殺す意味がなくなった」ということだろうか。
後者だとすると、全員が生き残る術は第一の殺人が行われる前に……「戦人を殺す」しかなくなる気がするんですが。
まさか最終的に、戦人のみ生き残れない?
「皆が死ぬなんて耐えられねぇ!俺が死ねばいいんだろ!」だったら超鬱展開ですね。

・「恐怖を味あわせるのが目的ではない。誰かに復讐するためのものではない(赤字)」

ならば碑文殺人には意味がなくなる?碑文も対なす殺人も無意味?
しかしベアトはそれでも戦人に無意味そのものを突き付けている。

なら戦人に突きつける以上意味があるはず?
碑文も殺人も個々では意味がない。だがふたつを天秤にかけ戦人に提示することで意味が現れるのでは。

X=0
Y=0
X+Y>0

二つがそろうことで意味を持つ…?
第一に考えたのは「思いだして欲しい」というベアトのメッセージなのかなって思いました。
もしも「約束を思い出して欲しい―戦人の罪―碑文と殺人のメッセージ」ならば、碑文の謎と碑文の殺人自体に関係あるかなと思いました。でも6年前には碑文はまだ提示されてなかった。
そう考えるとやっぱり違いますね…。

・「ベアトは快楽目的で殺人を行っていることはない(赤字)」

ここで碑文殺人のちょっとしたまとめ。

《碑文殺人》
・快楽目的ではない。(赤文字)
・恐怖を味あわせる為でもない。(赤文字)
・得るものはない。(赤文字)←ただし、「碑文の謎」=「碑文殺人」の論法より。
                   碑文殺人そのものに対する赤文字ではないことに注意。
・勝敗は(殺せても殺せなくても)どちらでも構わない。(戦人の推測)


……うーん。しかし「戦人が来なければ事件は起こらなかった」、は碑文殺人の「見せつける」にかかるか?
戦人が来たから見せつけようと思った…でも復讐ってわけではない。つまり、やはりバトラへの純粋?なるメッセージだと思うんですけど。

じゃあどんなメッセージ?

やっぱり「六年前の罪」に対するものだと感じる。証拠はまだないけどね!!
ちょ、待って、時間ください…。考える時間を…。

六年前の罪ならば、罪の糾弾か、それとも罪をただ思い出して欲しいのか。
うーん。やっぱり証拠がないとね。




……またやたらと長くなりました。
全然考察できてねぇ。
ちょっときついので今回はこの辺で。



最近のドラマと映画に対して。
そういえば最近のドラマはさっぱり見ていない。
なんか見たいと思って一話見てそれで終わりとかよくある。
別にそんなに悪い出来でもなくても、毎週テレビをつけてみたいって思えない。

それに反してテレビ放送の映画はよくみるんですよね。
あえてDVDとかBRayとかでみないけど、テレビでやってるとついつい見ちゃう。

最近のは「20世紀少年」(でしたっけ)見ました。ちょっと気になってたので見られて良かったんですが、途中から??ってなりましたw
なんか主人公の葛藤がけっこうあっさりしていて、命かけるまで気持が動く理由がちょっと弱かった気がします。演出的に。
まだ主人公はいいんですが、よくお友達たちが命かける気になったなぁと思う。
しかしカンナ大は気になるかな。なんで希望なんだろ…。

今見たい映画は「ダイ・ハード」シリーズかな。洋画アクションが好きなのでw
何回も見たけどもう一回見たい。

映画アニメなら断然「ルパン」シリーズですね!過去作みたい…。

邦画なら…あ、「半落ち」見たいです。この間小説見てすごく面白かったです。
別記でメモ程度に綴ろうかな~。



うみねこのなく頃に (漫画) 
結局ベアトリーチェが見たかったのでEP2のコミック買っちゃったっていうねw

ベアト様の鬼畜な感じが表現されていて非常に良かったですね。でもちゃんとテレ顔とか金蔵への物悲しそうな表情とかあってただの悪役って感じでもないのがグッドです。
料理にたとえた解説がとても可愛かったです。コックベアトがEP2らしいベアトにも関わらず超絶可愛いです。ちょっと欲し(自重

EP1は1巻だけ買おうかなぁと迷っているんですが(←1巻だけってあたりがチキンw)…

12月に4巻でる…んですか?

予定ではそうらしいのでまとめて買おうかなぁ。
いや、この際頑張ってそろえようとは思うんですが……

え?EP3の連載始まるんですか?


というかEP1は終わってしまったらしい。EP1のベアトみてぇぇぇ!!
立ち読めたら立ち読もう…。

てかEP3とかまだ先の連載だろうなぁって思ってたらけっこうすぐなんですね。
しかもEP4も連載って…!!しかもオンラインか!
ネット配信ならタダで見られるから(期間限定だけど無料、ですよね?まさか有料…?)嬉しい気もするけどなんかちょっとさみしい連載だなぁ。
まぁEP4みたらEP3読む楽しみ半減だしね~(あくまで個人的な割合ですが)。
いや、もちろん読み返してもかなり面白いですが初見は事前情報なしが一番ですよ。

正直うみねこ散が終わるまでに問題編終わらないんじゃないかと思ってましたけどどうですかね。
でもEP4は長すぎるよなぁ。4巻じゃ絶対無理なはずですが無理やり収めるんでしょうか。
でもお茶会楽しみにしてる!!熱く描いてくれることを望みます!

……そういえば赤字って漫画だとどうなったんですかね。
赤字の部分だけ赤いんですか?
しかしわざわざ赤色印刷するとは思えない(^ρ^*)
『カッコ』扱いとかですかね。でもそれだと「赤字で~」って台詞が変過ぎる。
赤くねぇじゃん『』じゃん!!…やっぱり赤いんだろうか。ドキドキ。

EP2も立ち読んで確認しようっと。でも付録があると中みれないんだよね…。




うみねこのなく頃に アニメ (EpisodeII-III weak square)
以下、八話の感想です。未視聴の方はお気を付け下さい。


















ほんとに赤文字かよ!!!

いや~今回これが楽しみwで見た様なものですよ。
アニメで文字はね~だろ~。
とか思ってたけどマジでやりおった!!

ベアトの「妾がこれより赤文字で~」みたいな台詞がものすごく違和感w
流れていく文字を見るのも大変だ☆
ま、魔法だからありだな。うん。

しかし原作やってない視聴者の方々はどう思ったんだろうか…。
噴き出しちゃった人いるんじゃなかろうか。

それにまさかの山羊さんと待ってましたよの七杭姉妹!!
ジェシカの部屋だけなんかどこぞの異世界ファンタジーバトルになってたw
超シュールww
七杭可愛いなぁwもちろん魔女様が最高ですが!!

しかしEP5をやった後にEP2をみると色々考えてしまう…・・。
うーん。漫画とか小説とか、気軽に問題編を振り返れるような媒体が欲しい。
なるべく小説の方がいいけど、購入するには高すぎるし…。
漫画だと誰の視点だかわかりづらそうだしなぁ。

でも漫画の3と4はぜひ欲しい。1と2はね、怖いんだ…。特にEP1が怖すぎる。
3が早く出ないかなぁって思っても、うみねこの場合EPそれぞれが完璧に独立してないんだよね。
だからうっかり次の話を買っちゃうと前回のネタばれが出るだろうしな。
売りづらいんだろうなぁ。気長に待とう。

そういえば涙目上目づかいのジェシカを見ても部屋を出ようとした嘉音につっこんでしまいそうになった。
その代りに魔女様がビシッと言ってくれましたが。
いや、あのジェシカは反則じゃね?
原作でも乙女といえば乙女だけど、どっちかっていうと爽やかというか純真て言うか、そんな感じのジェシカのイメージだったんだけど。
アニメのジェシカはやたら色っぽいなw

次回はEP2で大好きだったシーンが入りそうか!?
楽しみだ~w



うみねこのなく頃に EP5 (箱の中の考察)
「うみねこのなく頃に 散 EP5」のネタばれがあります。
未プレイの方はご注意を。責任はおとりかねます。































しばらくは反転で。面倒ですみません。




◎今回はかなり推理の方向を読者に分かりやすく解説してくれましたね。
おかげで推理小説は最後まで分からずほとんど直感で犯人やらを当てていた私にも推理ができそう?

ただ正直ノックスに従って推理するべきか、その判断が怖いですね。
戦人がノックスをたよりにベアトの謎を解いたようなので、解けるはず、だとは思いますが。
いや、読者と作者に愛という信頼関係がないとダメだってあれだけ戦人が言ってるんだから疑っちゃだめなのだろうか。

でもベアトの謎を解いただけでは分からんこともあるんだろうなぁ。
縁寿とかは未来の人間だから、特に。
でも4で1998年を見せていたのでこれもヒントというか手がかりなのかしらん?

とりあえず真偽はともかくノックス式で攻めてみましょう。

●犯人は戦人なのか?
そもそも戦人自身が怪しい存在なのでなんとも言えないんですが、ノックス式に考えればこれってありえないんですよね。
七条からして、いままで探偵役だった(ヱリカやドラのやりとりでいままでの探偵役が戦人と考えていいと思う。赤字だったし)戦人が犯人ではありえない。そもそもワルギリアが戦人が犯人ではないと赤字で示している。

ただし。
今回の第5のゲームでは戦人は探偵ではない。だから犯人であってもおかしくない。
逆に言えば探偵であるヱリカの手に入れる情報等は信用できる。

ただしワルギリアの赤字の範囲がEP5には及ばないのかは、言葉の取り方次第かなぁ。
あの言い方では「これらかのゲーム」も含める気がする。
つか「全ゲーム」って、「いままでの」なのか、「これからも含め」なのかどっちなのさ。

EP5がEP1の解答ならば犯人は同一犯?
でも私は5を見て、対をなす問題と解答、とは思うわないんですよね。
うみねこはあくまで同じチェス盤の外の謎の出題者と回答者のやりとりだと思います。
だから、今回戦人が犯人でもおかしくない。

でも普通、死体と一緒に寝てたら疑われるだろう。
もともと死んでいない可能性があるのですが、あくまで「探偵」と「犯人」との攻防を描いた推理小説ならば、犯人が認めていなくても作者という神が設定した探偵に疑われた行動をとらないはず。

ただし、戦人を含め大勢がぐるになって夏妃を陥れ、「夏妃が戦人を陥れようとした」という筋書きをヱリカに植え付けるためなら理解できる。
正直、ヱリカが一晩中壁に耳をつけてたって知らなきゃ意味ないけど。

ただこう考えると、いとこたちが本当に朝まで生きてたとは思えないんだよなぁ。
だってヱリカが盗聴wしてること前提で夜中から演技してたらかなり苦痛だよね。
寝たらもしかしたらいびきをかくかもしれないし、動いたら物音がする。
戦人の悲鳴もあくまで演技になる。やっぱり知ってて悲鳴上げたことになる。

「戦人くん、そろそろ悲鳴上げてもいいんじゃない?」
「そうだぜ。よし、私たちはベッドに入ってないとな」
「うー! 死体のふり死体のふり♪」

もちろんヱリカはそんなやりとり聞いてません。
でも死体が動いてないのは赤字だしな。死んでいるとは言い切れない。

くそ、なぜヱリカは探偵の役目を怠ったんだ!死体の検分は初歩だろ!
おかげで本当に朝の時点で首を斬られたのかわからん!!
今回信用できるのはヱリカだけなのに!

個人的あくまでカンだと、完全なる推理ショーはEP8な気がするんだよな。
全ゲームの答え合わせ。
だから今回の戦人の推理は分析してもいいと思うんだ。
だって結局詳しい推理までしてくんなかったし。

戦人は犯人か? 蛇足を連ねてしまったがノックス的には今回はアリ、である。


……これでやっぱり夏妃が犯人だよ☆とかだったら、もうなんか色んな人ががっくりするよね。
私は絶対に犯人でいてほしくない。

●19年前の子供
夏妃つながりでこっちを考えてみよう。


・まず、19年前の子供…男でいいのか?

金蔵がひきとるなら男が普通。
夏妃が赤子のことを男の子と認識してたか覚えてませんがどっちとも確定してなかった気がする。
ただ「僕」とかいってても、夏妃の主観では男じゃないかも…みたいな感想があった。(もとはラムダだから?)
そもそも19年前の子供が正しいともいえないけどね。詐欺かもしれんし。
怪しいので性別は保留にしとくべかな。


・簡単な謎では夏妃の「好きな季節」問題か。

大半の読者は古典的マジックに「おいおい」と思ったに違いない。
でも当時はまだマジックとか流行ってなかったのかな?
どちらにせよ、夏妃がマジックかぶれだとは思えませんがw
普通に考えて部屋に春夏秋冬それぞれを書いたカードを置いてあったとしか思えない。
ただし、他のカードを夏妃が見つけてないし、ましてヱリカが発見したわけでもないのであくまで仮説になります。

しかしこれは読者としては「部屋を施錠しているはずの夏妃の部屋になぜカードが置かれていたか」という問題のほうが重要。
使用人なら問題なく解錠できるけど、使用人室にある鍵を盗むことも可能?
そもそも部屋の個別のスペアキーってあるっけ。使用人のマスターキーがスペアってこと?
もしなければ使用人は怪しい。源次が殺される前だしね。
ま、どうにでもなるっちゃなるか。

とにかく、電話の主は少なくとも夏妃の部屋に入ったor共犯者がやったってことだよね。
それがなに?っていえばそうだけど。なんかなぁ。
どちらにせよ、夏妃を怖がらせるためだけにカードを置いたと思えないんだよね。
共犯者が元々いた状態で、共犯者にカードを部屋に置かせたならともかく、単独でしかも島の部外者ではリスクが大きい。誰かに見つかるかもしれない。
じゅうぶん夏妃を怖がらせたり脅す方法はあるから、あえてそんなマジック使わなくても良いと思うんだな。
むしろ紗音を疑わせるフラグにしか見えん。いや、もしもトリックだったら夏妃がどの季節を選ぶか分からない、か。
うーん。これは想像妄想の域を出ないな。

・19年前の子供はいったいだれだ?

子供でも1歳くらいならごまかせる、だろうか。
でも生まれたばかりの子供と一歳の子供はさすがにごまかせないよなぁ。
成長途中なら「発育がいいわね」ですまされるが、さすがに1、2歳のころはごまかしようがない気が。

(戦人の場合)
仮に戦人が19年前の子供で、なんらかの事情でルドルフや明日夢の息子に引き取られたとしても、なぜ一歳ごまかした?
明日夢が生んだ子だとしたかったから、18年前に生まれたことにしたかった?
でもなぜ霧江が気づかないんだろうか。

それにルドルフが「出生」について戦人に話そうとしていたので、仮に養子だとして引き取ったなら、霧江が(幻想で?)言っていたような「明日夢が身ごもったから結婚した」的な話はおかしい。
ルドルフの言い方からして、「(出生を知って怒った戦人に)殺されるだろうな」と言いたいのでは?と推測できる。

しかしその場合、「戦人が(出生を知って)すごく悲しむ」とか「激怒する」、じゃなくて「殺される」と表現されうる出生であるべきである。
養子だと分かったからといって、いくらなんでも養父を殺すのは思考が繋がらない気が。実際の父でなくてショックを受けても、怒ることはあるかもしれないが、殺すことはまずないだろう。

うーん。じゃあ殺したいほどの出生って、なんだ?
夏妃の話を借りてみると、
「ルドルフはどこかの女性に戦人を身ごもらせてしまう。しかしルドルフはそれを望んでいなかった。だから金蔵に相談した。
金蔵は自分の血を引く孫を福音の家にいれるわけにもいかず、それならば子供がいない長男夫婦の子供にしてしまおうと思った。孫には違いないし、孫世代の跡継ぎが男子でもあるし、いい考えだと思った」
これならどうだろうか。

実の息子なのに一度は手放されて見捨てられて、その後ルドルフがなんらかの事情で引き取ったという出生だったら怒りも湧いてくると思う。
「勝手に捨てて、勝手に引き取って。身勝手な話だ!!」
そう戦人…いや、だれだって自分がそんな出生だったら怒るよなぁ。
なんで捨てたんだ!?って殺すまではいかないかもしれないけど、少なくとも普通に「実は養父だった」と打ち明けられるよりも怒りは湧くよね。

でもそれはあくまでルドルフを恨むかもしれないけど、夏妃を恨むとは違う。

夏妃を恨むということは、やはり「19年前」に殺されかかったことが原因ということになる。
でもそれが理由というのは正直信憑性がない。
夏妃に殺されかかった、という事実を知る人間がいなければ、復讐は起こらない。
もしかしたら、生き残った赤子をひきとった養父母が昔転落した時の事を邪推して、「あなたは作為的に昔突き落とされたのよ」とか言ったっていうなら考えられるけど。
ひきとられた先が貧しくて、もしかしたら今頃天下の右代宮家の跡継ぎだったかもしれないのに!!とか考えれば、まぁ動機は十分でしょうか。

(天草の場合)
天草は98年にしか出ないからこそ、素性の知れなさで候補にあがってしまう。
ま、小此木をさしおいて全身のイラストがあるから再び出てくるだろうことは予想できるけど。

「貧しくて~」とかって考えるなら天草は結構ぴったりな気がするんだ。
勝手な想像だけど、なんか苦労した過去がありそうだし。
ただもしも天草がかつての親族会議の日にいたのなら、誰だったのか。

ノックスで考えると未知の人物ではありないので、誰かではないといけない。
普通に考えれば戦人か。あるいは、嘉音か。
そもそも譲治は19歳よりも上だし、赤子として受け入れるにはまず無理。あと恐らく毎年親族会議に出ているので、すり替わるのは不可能。戦人は成長期の六年不在だったし、嘉音は福音出身なのでもともとが天草ということも考えられる。

ただし、うみねこのノックス10条だと「手掛かりなき変装は認められない」らしい。
もとからすり替わっている場合は抵触するのか?
ヴァン・ダインの二十則だと「叙述トリック」として抵触すると思うんだよね。
(てか多分この法則、次で出る気がする。ライトという新しい登場人物がでるんだろうなぁ。)

盤上の戦人がもともと天草でも、あるいはルドルフたちがすり替えていたとしても、その場合犯人ではありえないんだよね。
そう考えるとよっぽど嘉音の方が過去が謎めいててぴったりな気がするんだよねぇ。
ただそうすると19歳にしては発育悪いよね、ってことになりますが。
まあ戦人が天草だとしても、犯人じゃないならありですか。

ただ、どうやって生き残ったんだろうか。
98年には存在するので生き残ったってことになるよなぁ。
嘉音の場合絶対に殺されてしまう。嘉音はありえない、か?
↑(追記)よく考えたら赤字で死亡宣告あるものの死体消失が多いので怪しいぞ…?

戦人なら行方不明っていう結末があるから、実は生きてましたってのもありなんだよね。
犯人から逃げた?犯人に脅された?だから生き残っても何も言わない?

ただノックス的には探偵である戦人のすり替えは駄目なんじゃないだろうか?
そうすると、18歳までの戦人は戦人で、後に天草となる。
上位の戦人はまったく違う存在。だから「6年前」をしらない?
でもどうすりゃ縁寿の兄で、しかも右代宮戦人でいられるんだろうか。
よけ
いにわけわかんなくなったぞw

ああ、でも盤上の戦人とは関係なく、上位の戦人がルドルフか霧江の息子なら問題ないのか。ただ右代宮を(赤字で)名乗れているので、ルドルフの子って方がありかな。(むしろ二人の息子ならノープロブレムですが、生きているにしろ死んでいるにしろ霧江が身ごもったのは18年前のはずですよね。それだと夏妃のが見た赤子ではない、ってことになるよねぇ。それとは関係ないのかな)

(嘉音の場合)
やっぱり19歳には無理があるような。あ、でも実は女性というならありかもね?
金蔵に気に入られて信用されているのは血縁者だから、ってのなら考えられるなぁ。
本名がでてこないのもそういう振りかな。
死体の消失率も高いし。
しかし嘉音=戦人ってしっくりこないんだよなぁ。(主観入りまくりですけど)

(紗音の場合)
女性もありかなぁっと。まあジェシカとかマリアは考えなくて良いと思うけど、。
でもノックスとしては、紗音=19年前の子供て言う手がかりなんてまるでねぇや。
本名出ちゃってるしなぁ。ないか、な。


・戦人のすり替え?

論理的ではないですが、盤上の戦人は一貫して同じですり替えはない気がする。そしたら戦人のいとこ紹介とか懐かしい気持ちとか、そういうのがうそになるぞ?
探偵役が嘘をついてはいけないというノックスはないけど、6年前の戦人とは違う場合それを示す客観的な手がかりがないと思う。
ただローザの「本当にバトラ君?」のふりや、六年前の罪をしらないあたり、それが手掛かりともいえなくはないか。
ただ六年前の罪が「約束を破ったこと」なら、約束自体を忘れている可能性が高い。

あと裏お茶会の、
「戦人に、真実を伝え~ 魔女の、真実を理解できなかった、悲しい男と。
 その二人に、……戦人は怒りと悲しみの~」
って文章の二人、つまり「魔女」と「男」の、男の方が上位の戦人ではない気がする。
わざとそう表現されているのかもしれないけど、「ベアトと盤上の戦人」のことともとれる。
真実をしった上位戦人が「罪を思いだせなくてごめん」とかじゃないし。
あまりに哀れな二人に、繊細な戦人が大泣きしても不自然じゃないし。

ただ4で望んでいたはずの戦人じゃないのに、ベアトが訴え続けた真相にたいして上位戦人が「俺が、強いた拷問」といっているので、やはりベアトが望んでいたはずの戦人なのかなぁ。




なんかとにかく疑問を考えてったら長くなりすぎw
いったん切ります。


うみねこのなく頃に EP5 (play済)
やっぱり好きだあああ!!

なにがって、もちろんうみねこですよ。解答編というか、幻想散し? 

どうっしてもep5が欲しかったので友人に無理やりつきあってもらってお店に行ってきました。
通販は…だってなんか普通に買うより高いし、いつ届くか分からないし?確実な手で。
迷った挙句daiさんのCDまで買ってしまった!!まだ聞いてないですこれから聞くよ!
試聴時点で final answer がめちゃ好みだったんですが。


以下「うみねこのなく頃に 散 EP5」 when they cry 4 のネタばれがあります。(あと若干「ひぐらしのなくに頃&解」のネタばれもあります。)
未プレイの方はくれぐれもご覧にならないように。責任はおとりできません。


















発売したばかりなので反転で。携帯の方は反転されないのでご注意。



EP5……見てて怖いんですけど!?
なにがって、「特別ご奉仕!出し惜しみなし!!」ってくらいのバトベアが。
まだ5ですよ?こらから落とすつもりでしょうか。いくら解答編?と言えども、話をどうにできます。
あれですか。バトベアとか幻想だよ~ん☆っていうフラグですか!?
これがまだ6か7ならいいんだけど、まだ散の1番目ですよ?怖いよ。

そんな感じでバトベア描写が出るたび突き落とされるビルの高さが足されていくような恐怖を味わい純粋に喜べなかった……!!
疑っちゃいけないのに!愛はあるのに!!
…………とはいうものの、ごちそうさまでした。色々とね!!
「そなただけの謎」って可愛すぎるよ。しかもテレすぎw
俺の黄金の魔女宣言と言い、相思相愛だなw……ま、愛は愛でも、恋愛とは限らないけどね。
それでもいいさ。ライバル関係もおんなじくらい好きだから。

しかしなんか本篇が緩慢だった印象がある。私だけかもしれませんが。
てかノリ切れなかった、っていうんでしょうか。

・髪下しベアト来た!!!!……でも元気のない魔女がつらい。
・ヱリカか。当たらずとも遠からずってとこか。しかし完璧魔女サイド。彼女が探偵なのでなんかなぁ。
・……おいおい。縁寿は!?
・盤上の夏妃以の人が残酷に見える。

これらが要因かな。

てかですねぇ。バトラがベアトを心配したりなんか良い感じになる度に「縁寿は…?」と突っ込んでしまいたくなる。4はどうなるよ。縁寿の決死の覚悟は?
もちろんバトラが妹の死を軽んじているわけじゃないのは分かるけど、ねぇ?
若干スルーされている気がしたんですが、それが逆に怪しい描写に感じるな。
6はでるかね?個人的には7あたりかなって思いますが。

しかし子供たちはみんな怪しく見えてきた。誰がいったい誰の子なんだ。
その辺別にして考察してみます。

夏妃の「カアサン」問題に若干「え?あの夏妃が?」と疑ってすみません。
養子、ですか。
でもあれ、おかしいいんですよね。べつにラムダが犯人じゃなくても。
そもそも使用人と赤子がどうなったのか赤字じゃないので確定ではありませんけど、少なくとも使用人が死んで赤子は助かった場合、「じゃあだれがその赤子が崖からつきおとされたのかを伝えた」か。無理ですよね。
本当に夏妃が転落させたとしても、それを知っているのは使用人か赤子のみ。後で赤子が大きくなり、自分は昔崖から落ちたことがあると知っても、転落は「事故」だから「恨む」のはおかしい。
ま、実はこっそりその場面を見ている人がいたかもしれないけど。これも別で考察を。
でもその子供が「天草か?」と思ったのは私だけではないはず(笑)

ゲーム盤のベアトは某神様のような存在ですね。綿流し、みたいな。
人間の穢れを引き受ける。無実の夏妃を守るために知らぬ罪を自ら纏う魔女、ですか。
つまり、本当の魔女は人を守るために存在するのでは?
EP1の解答のはずですが私的にはEP2を意識させられましたね。

疑うのは人か、魔女か。

バトラの当主継承もびっくりだな。
でも上位バトラが「俺が復讐者だ!」と指摘するにしては、すでに赤字が斬られているような。
それに盤上の戦人が悪い奴なら当主継承でうっはっはwでは?
まさかあらかじめ殺人が分かっていて自分は人殺しではないが、夏妃を陥れたのはバトラとか?
さらに。
おそらく、ですが。EP1~4のバトラは探偵役なので主眼の正しさを信じていいと思います。(あくまで個人的意見ですが。)だからもし1~4のバトラが犯人ならば、心情・行動に矛盾が出てしまう。 
あくまでEP5の戦人に限り、復讐の男ってか?
これもミスリードな気がw

あと気になったのは紗音と嘉音があんまりジョージとかジェシカの死に取り乱していないこと。
そもそも彼らの死すら疑わしいのでなんとも言えないが、もしかしてこれ、問題編がうそですよ☆のフラグ、じゃないですよね?
嘉音は正直本当にジェシカが好きなのか不確かな部分があるんだけど(公式の人物紹介とか)、紗音は婚約指輪もらってるんだよね。
でもバトラって紗音の婚約指輪見たことあるっけ?

疑問だらけで長くなってしまった……

しかし本篇でどれだけお膳立てがされても駄目だったバトラが裏お茶会でかましてくれた時は爽快でしたね!
もうあれだよね!
うみねこはどれだけ落とされて這い上がるかを楽しむゲームだよね!

でもちょっと次回は行動不能のバトラに代わってベアトが戦うのかと思った!!
それは絶対面白いと思うんだ!!

閑話休題。
裏お茶会のバトラはかっこいいにはかっこいいし燃えるんだけど、ベアトのこと理解しちゃっていいのか?早すぎない?だってまだ6ですよ?
次はなぜか(笑)バトラがマスターらしいが、その後が気になるwバトラが全てを知っちゃったら、ベアトと闘う意味なくね?てかこの時点で終わりじゃね?
とかいいながらバトラがどうやってヱリカとゲームするか気になるw

無限の魔術師ってww

たしか冊子で魔女は男かもしれないってあったけど、ホントに魔女って呼ばれてますね。
ただしどちらかというと魔術師扱いですね。

黄金の魔女=無限の魔女=無限の魔術師?

でも確かバトラって、そもそも金蔵と同じく魔法耐性があるんじゃなかったっけ?
いいの?一応金蔵も魔術師ってか召喚師らしいが。
あ、今回の金蔵は素敵でした。たとえ幻想でも、ね。

よく考えたらベアトもバトラも「永遠の拷問」っていってましたか。
それが無限?だからバトラも無限を得られる?

あと、6年前の罪って「約束破ったこと」?
だれと? ベアトはいなかったはずなので、誰なんだろ。
でもベアとが●●でしたwとかは嫌だ。や、やめてw
特におっさんとかは勘弁ね。

そして今回はかなりかっこいいワルギリア。EP3の有能な(笑)ワルギリアが好きだったのでうれしい。もちろん4の可愛いワルギリアもよし!
となると、結局ワルギリアは味方なのね。開眼もベアトに乗っかってバトラを導くため、かな。
EP4より5のガァプが良かったwなんかお姉さんぽかった。
ロノウェは当然素敵に紳士だ。やべ、この三人(?)好きなんだけど。

ドラちゃん可愛い!!!

意外とドラちゃん呼びしてる人多かったなぁ~と思うんですが、ま、あの色じゃ、ねw

登場時はまた女の子か…だんだん男女比バランス悪くなってるな~、とかなんとか関係ないこと思ってたんですが。別に良くも悪くもない印象?
若干オビ語がカタカナで読みずらいなぁと思いました。
しかし!
またもやいい子に惚れた!かっこいい!!

どうやらひぐらしもうみねこも初登場時の印象が薄かったりどうでもよかったり悪かったり、そんなキャラがすっ転んで好きに代わるようです。
あ、でも戦人と圭一は別かな。





感想はとりあえずここまでで。好き過ぎて長くなってしまったw






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。