徒然日誌


プロフィール

佐倉

Author:佐倉
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うみねこのなく頃に EP7肖像画とOP (1)
乗り遅れましたが肖像画とOP自体は当日見て興奮してました。
いろいろ放置気味だったんですけどうみねこの季節になると浮上するのはもうお約束。

そういうわけでさっそく肖像画について。

赤の人と青の人。色々推測はされているようですが、
赤い方はともかく、青い方は多分多くの方が予想されているように私も「ライト卿」だと思います。

青い方は胸のペンダントの横棒が鍵の形をしているし、
上着は青だし、目は金色の時点で人間ではないでしょう。

ドラちゃんとの共通点が多いので、おそらく天界のお役人かなんかだと思えるし、
この期に及んで出るならtipsで少し触れられていたライト卿が妥当かな、と。
あるいはドラちゃんのお父さんかもしれません。
しかしお父さんだったらかなり似てない親子ですね。

目の色が黒だったら下位の誰かの若い頃orまだ出ていない重要キャラかとも
思ったんでしょうが、あの服のセンスは絶対上位というかあの見た目であの服は
下位キャラだとちょっと…。
右代宮の親族の服装も結構なもんですけどね。それとは系統が違うというか。

ともかく、青い方は自分なりに想像つくんですが、赤い方が…難しい。
そもそも一目見た時私は女性だと思ってましたしね。

でもよく見ると……胸が…ない……。
小さいとかじゃなくてないですもんね、あれ。
真里亞でも少しはあるので、幼児ならともかく十代後半~二十代くらいの
金髪さんが女性で無乳ってことはないでしょう、たぶん。

しかし男と言われるとどんだけ女顔……。
嘉音も女性的な見た目だとは思いますが(というか中性的)
それでも私は第一印象一応男の子なんだろうな、というビジュアルに見えた。
でも金髪さんは普通に女性だと勘違いしましたからね。

むしろ本編では男か女か明かさない謎多きキャラになるのかもしれません。
ゼパフルみたいな感じで「お好きな性別をどうぞ~」という感じでしょうか。

しかし金髪さんが既存キャラの誰かなら隠すも何も性別分かるんでしょうね。

金髪さんの予想で多いのは…ベアトの正体、元祖ベアト、明日夢、といった所?
あと未来の朱志香という意見もあるようです。
髪がストレートだし胸もないので朱志香はない気がするんですが…。

でも金髪さんの服装が蔵臼の服にそっくりですよね。
胸元のひらひらと飾りは夏妃の装飾に似ている。
それで金髪とくれば確かに朱志香を連想するのはごく自然。

それでも私はあえて金髪は「真戦人」でプッシュします。
正直に言います。根拠は特にないで(ry。

とにもかくにも金髪さんが誰なのか推理してみる。

金髪さんの目の色は「黒」。
よって上位ではなく、下位のキャラだと、
あるいは下位と上位、両方に登場するキャラだと推測できる。

目の色に関してですが、
下位も上位もたくさん出てくる戦人(あるは金蔵もか)は、どっちも黒。
下位はもちろん魔女として上位に現れる縁寿と真里亞は、少し青が混じった黒。
EP5から登場する上位も下位も出てくるヱリカは、青。

なんだか意味深ですが私にはいまだに目の色の違いが良く分かりません。
(アニメだと瞳の色が違いますし。)
青い瞳は生物が寄り代で、赤い瞳は無機物が寄り代というのは聞いたことがあります。
ヱリカは下位の遭難したと思われる本体?が寄り代なのかな。
しかし青が混じってる縁寿と真里亞が首を傾げるところではあります。

ともかく、上位キャラ“だけ”として存在する黒い瞳のキャラはいないので、
金髪さんが上位に登場することはあっても、下位にも出番があるキャラなんだろうなと
推測することができます。

では下位キャラとして誰なんだ、という話になるわけで。

とりあえず片翼を身に纏っているので、右代宮関係者という想像ができます。
親族の誰かなのか、使用人かは不明ですが……服装からして使用人ではないと思います。
源次、紗音、嘉音、それから郷田の服は揃って黒色です。
金髪さんのあの赤い服装は使用人としては失格の色(派手すぎる)ではないでしょうか。

それから親族と言えども右代宮の血を引いていないと片翼を纏えないので、
明日夢、それから金蔵妻なんかの線もなくなるのかな。
……個人的には明日夢にはそろそろ本当に出てきてほしいんですけどね。

性別、見た目が全く違う!っての関係なく以上からあり得そうなのが、
(若い頃)金蔵、蔵臼、絵羽、留弗夫、楼座
(未来)朱志香、譲治、戦人、真里亞、縁寿
(その他伏線の関係上)九羽鳥庵のベアト(金蔵の娘なら片翼を纏える)、
           19年前の男(ただし金蔵の血を引いているかどうかは不明)、
           真戦人


くらいでしょうか。元祖ベアトも事情によっては片翼を纏える気がするんですが、
その辺の伏線が見当たらないのでスルーするしかないんですよね…。
後は金蔵や留弗夫の隠し子とかですかね…。
紗音や嘉音が実は右代宮の血を引いている…ってのも伏線がなきにしもあらずでしょうし、
(紗音なんて使用人にしては異常な勤務歴。金蔵に気に入られていると考えても良いし。)
紗音、あるいは嘉音=19年前の男とか真戦人とか色々考えられるし…。

絞ったつもりなのに金髪さん候補多いな……。
これ以上絞るとしたら…どうだろう。


(2)でこれ以上候補が絞れたら絞ってみます。

スポンサーサイト

うみねこのなく頃に 散 EP6 (感想)
以下、うみねこのなく頃に 散(EP6)「 Dawn of the golden witch」ネタばれがあります。

反転で読めるようにしてありますが未プレイの方はご覧になるのをやめてください
それから携帯の方反転になっていない場合がありますのでさらに注意してください

ネタばれがあっても責任は持てませんのであしからず

































さて、ネタばれは大丈夫ですか?

(以下反転)


・プレイしながらメモとかとってないので時間系とか気にしてませんがそのへんは気にせずに。


全体的には前半のストーリーぶつぎり感が読みづらかった。
せっかく盛り上がってきたら上位、あるいは未来(ゲーム盤の外の世界)に切り替わってテンション下がる。
あと誰にスポット当てて読んだらいいか分からなかったですね。

ただ「答え合わせ」という意味では縁寿の疑問や考え方をその場で入れてくれるから助かる。
ストーリーよりもなぞ解きのための演出になったなぁという感想です。
曲も切り替えが多かったのが妙に気になったかな。新曲そのものは素敵なものばかりであいかわらずGJです。
中盤からは流れ良くなったのでストーリーとしても楽しめました。あいかわらずスポットはあちこちとびますが…

ただ単に答えが知りたい!恋愛なんて物語に不要!という方はあまりお勧めできないEPですね。
答えっぽいものはあるけどそれでいいのか?と疑ってしまう…


とりあえずプレイ開始→いきなり吃驚しました。
プレイしてすぐ新キャラって!!
しかも性別が違うとかどういうこっちゃ!
そして一応SSで結婚うんたらあったので驚いたというより
ヱリカの花嫁姿に噴いちゃったっていうね!
なんかヱリカにしてはしおらし過ぎる格好だったなぁ。

そして相手は戦人かよ。
なんかこの時点でだいたいオチ辺りの流れが見えるぞ。
そういうの見通すのだけは自信あるんだよな(そして案の定)。

部屋の隙間から~っていうのはちょっと怖かったですね。
こういう雰囲気つくるの本当に上手いですよね。ファンタジーを仮に認めてもなんか不気味で嫌だ。
てっきり19年前の男?島にいるはずのない人物X?と思ったんですが、
戦人が密室を作り出した辺りでうわぁ…と思いました。
なんかえぐいというか。いやまぁ面白いですけど。

ベルンたちがいる喫煙室(だっけ)にベアト登場。
駒ベアトだ~と思っていたら駒というより純粋無垢なベアトちゃんで可愛いです。
でもベアトじゃないんだなこの子…
いままでのベアトはEP5で消滅して戻らないとか。
かなりショックだった…
可愛いベアトもいいけど、好きなのはあくまで出題編のベアトなんだよなぁ。
戦人の気持ちが良く分かる。

よ~くわかるんだが、お前完璧金蔵だろうがこの野郎!!
もう戦人=金蔵、ベアトちゃん=楼座さんにしか思えない。
え、なんで楼座かって?金蔵をお父様と呼ぶ娘は絵羽か楼座で、楼座は幼少期どこにいたのか不明ですからね。
そういう考察ありましたし。

あと戦人が鬱だからか感情移入がしにくい。
なんかああGMだしなぁ…
と、思ったのは最初だけでやっぱり戦人は戦人だった。
さすが赤で言われた無能だけあるな!!

縁寿登場も(世界が)怪しい雰囲気でしたね。
この縁寿も駒にすぎないのか?分からない…。
そして新キャラのフェザさん。貴重な下位人物かと思わせて魔女なのかよ。

そうそう、EP6はかな恋愛色が強かったですね。

上位も下位ももちろん、霧江とか楼座のそういう話が読めて面白かったなぁ。
でもちょっと口から砂吐きそうだったかなぁ~。
いやなんか女性が好きそうな展開というか男性プレイヤー的にはどうなんだろう。

私自身は恋愛的なものもうみねこの謎を解くカギだと思ってるし別にカップリングが嫌いというわけでも
ないんですがさすがに恋愛スリーコンボをくらうとムズ痒いというかなんというか。
やっぱり特にベアトちゃんと戦人が…ちょっとなぁ、という感じでしたか。

「戦人を愛するために生まれた」ってどういうこっちゃベアトちゃん。
この発言なかったら普通に戦人(金蔵)の娘、で済ませられるんだけどなぁ。

ベアトちゃんが健気であればあるほどなんかつらくなる。
ベアトも健気にゲーム盤やってたようなので本質にそういう部分があるのだろうけど
こう全面的に健気につくされるともう別人にしか見えない。
別人だって言われてるけど最終的に「ベアトちゃん→成長してベアト」というのは話の流れで
分かっていたので結局一緒やーん!となる。
それならベアト消滅のままでよかったと思ってしまうなぁ。
でもEP5のベアトがあっさり復活(したと言えなくもないが)とかではなかったのはまあうん良かったってわけではないけどまだ良かったかなぁ

まあね。上位でやたら戦人とベアトにそういう話があるのは普通に物語を解くカギだからだと解釈してるのですがね。
それでも最終EPでEP4の再試合とかしてくんないだろうかと思ってしまう。
戦人もベアトも好きだが好きには色々あるんだこんちくしょー!

ただ正直、いままでのEPが全部創作だとするなら下位とかも色々意味合いが変わるんだよなぁ。
あー怖い。
でもこれだけ愛を出したEP6を執筆したと思われるフェザさんは愛にあふれた作者ってことでいいのかな?
そうだフェザさんは羽入さんの親戚ですか?

そういやGM戦人は男組を真っ先に殺すとか言われてたけど第一の晩は奥様s+戦人でしたね。
いや~まあ実際死んでないわけですがなぜその人選。

しかしヱリカが生死を決定的にするために殺人て…無茶苦茶すぎる。
そこまでするんか。
真里亞(9歳の女の子)の魔法(夢)をズッタズタにしたのも引いたが、これは流石にドン引きだぞ…。
下位世界的にはどんな理由でヱリカは殺人をしたんだろうか。

さくたろうが出たのは地味に嬉しかったり。
でもガァプロノウェワルギリアトリオの出番が少なくて悲しかったですよええ。
それでもガァプがドラちゃんに詰め寄るシーンがかっこよかったです。
さっすが男前!
ロノウェの一人称もこっそりぐっときた。

下位だと留弗夫の顔赤らめ+涙に一瞬固まる。
涙はいいんだが顔赤らめんなよおいおいおいおいい!!

あとEP6は嘉音の株が大沸騰。
嘉音が紗音に負けた後のベアトちゃんとのやりとりがなんかすごい好きだよ。
この二人和むなぁ。

そして屋敷まで走って戦人を助けるところとか…もう美味しいところ取りだな!!
曲もカッコよすぎる。
しかも以前のベアトリーチェからの借りを返すためとか男前過ぎる。
EP6で一番好きかも知れないシーンだ。

もちろんベアトちゃん戦人救出劇もよかった。
決闘って勇ましいよベアト!!
展開は読めてたけどやっぱこういう熱い展開好きだなぁ。
でもやっぱりベアトちゃんなのか…。
そういやEP5に対なすような立場に戦人とベアトはなったけど、ベアトちゃんは間に合ったんだね。

結論:嘉音と嫁略奪ベアトはイケメン!!

しかし戦人…自分で自分の首絞めて廃人化は笑えないが今度は囚われの眠り姫ってw
GMなのに本当にお前は…いやそれでこそ戦人か。

ベアトちゃんの顔芸に泣けてくる。(ホントには泣かないけどさ)
嬉しかった。
でもやっぱりベアトちゃんだった…。
すっげぇ複雑…。

そして天草腹黒いなやっぱり。
お前くらいは縁寿の味方でいて欲しかったが…。



さて、重要部分をわざと書いてないですがそれは次の記事で!
紗音嘉音とかベアトが二人いることとかうわあ結局まだ考察要るわけね。



大晦日のギリギリに
二カ月以上放置してしまった
うみねこアニメも終わってしまったなぁ…機会があればまた今度触れたいです
そして悲しい出来事もありました…


さてこのタイミングでブログぽちぽちしてるなんて当然…あれしかない…!

ってことでまず一言。

某通販ショップGJ!!

まさか年内に来るとは思いませんでした
ありがとう!!

何が?野暮なこと言わせないでください言いますけどね!!


うみねこのなく頃に 散 EP6

ありがとうありがとう!待ちきれなくてそわそわしてたんだ!
そしてもう読了しております
明日早いんで夜更かしはしたくないんですがさっそく感想を次の記事でぶっちゃけちゃけるぜ!



秋に見る予定アニメ
秋にみる予定アニメ…

いわずもがな、「うみねこのなく頃に」。

そして新連載↓

【次回も見てみたい】

・夏のあらし!(春夏冬中)
……一期を見ていないのが残念。うみねこ見たさにジョーカーを買い始めたんですが、「夏のあらし!」がストーリーとかさぱ~りだけどなんか面白かったのでアニメも見てみました。普通にラブコメで笑ったw
漫画だとシリアスっぽかったんですがこういうノリなんだ…。あらしが現代女子高生にしかみえないんですがwあと潤が男なのか女なのか漫画だと判別付かなかったのでもやもやがすっきりしました。
ラブコメもいいけど、あの登場人物たちの戦時中の葛藤とか、そっちの深い心情の話をぜひ魅せてほしい。

・にゃんこい!
……恋愛いらなくね?と思ったw
なんか主人公と猫で十分お腹いっぱいなアニメな気がしました。それくらい猫がいい味だしてる!!あの赤いスカーフ?をつけてる猫が姉御みたいでかっこよかった。住職は色々自重したほうが良いw
主人公は王道な感じで「不幸」オプションが付いています。猫嫌いなくせに同情してしまう所がお人よしっぽくて好感度。
恋愛は主人公がすごく好きみたいだし、ヒロインだけで十分だと思うんだけどなァ。せめてもう一人くらいとか。女の子がでない分、猫を前面に出せばいいと思うんだけど。
でもよく考えると、ラブコメにしては主要な女の子四人って結構少ない方だよな…。と考えれば、猫たちにスポットを当ててくれそうな気がする。そしてなんだかんだいってラブコメ面白かったんだけどね!

【まだ見てないが気になる】
・聖剣の刀鍛冶 
・テガミバチ
・こばと。

……気になる気になる。

【気になったので見てみた】
・君に届け
……良い漫画だったので、どうアニメ化されたのか気になったので見てみた。
なんか爽子の声、イメージと違った!風早はそれっぽいそれっぽい。
どうでもいいところに気になったけど、矢野の髪が短い気がするのは気のせいか?

絵とかは原作の雰囲気出てたんですが、一話=30分(20分?)でやったせいか、いろいろスピーディーに流れてもやもやしました。せっかく良いストーリーなのに、無理して一話に収めようとして??になった感じ。
たしかに漫画一話を、テレビで2話やったらそれはそれでダレるだろうけど、爽子の心情が上手く伝わってこないというか。漫画だと独白が多いから、アニメで表現するのは難しいんだろうけど…う~ん。なんというか、もうちょっと「間」が欲しいっていうのかな?難しい。

あと1話最後の風早の独白というか独り言の、視点の移り変わりが非常に不親切というか分かりづらかった!ずっと爽子視点だったのに、急に風早のモノローグシーンを入れられてポカ―ンみたいな。
漫画だと自然だったのになァ…。気になったの私だけだろうか。

・ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~
……これはなんというか。怖いもの見たさというか(笑)
いや~駅が人って…。国とか県が擬人化ってのは知ってますけど、さすがに駅ってどうなのよ?と思って見てみました。
明らかに女性ターゲット的なアニメであることを承知で視聴してました。
が。
………ファンの方には申し訳ないんですが…。
すんげぇ笑いました。
なんか駅が自分の駅周辺のガイドしてると思うと、こう笑っちゃうというか…。というか、あのビジュアルで駅名が名前って時点で吹きました。新宿とかならまだわかるが都庁って……。しかも正式には「都庁前」が名字になるんじゃないのか?とか。
2話目見たんですが、電車の中にもんじゃというか鉄板が置かれているというシュールさに笑えた。あれは実際やったら怒られる。ちょいちょい出てくる豆知識がなかなか面白い。あと犬が最高に良いキャラしてた。ラストのパスポート更新が最高に面白かった自分は笑いの沸点低いのか?w
このアニメの趣旨とは違うんでしょうけど、違う意味で最高に面白かったです。あと絵の崩れが結構多く感じましたね…。

大魔法使いクレストマンシー
の、新刊日本語版がいつのまにか出てた……。

気付かなかったんだけど!!うわああああ嬉しいけどなんか悔しいいい!!!
以前、英語版で二作続編が出てたのは知っていて、そのうち一作は英語版買ったはいいが読めずに挫折して、いつになったら日本語版でることやら……と思って数年。
いつのまにか出てたよ…!!

おかしーなー。たま~に本屋の児童書コーナーはちらちら見てた気がするんだけどなぁ。
アマゾンでぐるぐるしてたら気がついたぜ…。

「クレストマンシー」シリーズを知らない方へちょっとした豆知識(でもない)。

これは児童書で、魔法ファンタジーの内容でお子様向けの本です。でもきっと大人でも楽しめます!!
実は作者は、ジブリが映画でもやった「ハウルと動く城」の原作者と同じなのです。
英国ファンタジーの女王さまです。ダイアナさん、大好きです。全部彼女の作品を読んでいるわけではないのですが、ダイアナさんのシリーズで一番好きなのはこの「クレストマンシー」シリーズです。

ハウルシリーズももちろん好きです。でも若干女性の方が好きそうな気がします。なんたってハウルはロマンス要素がいっぱいwみっつ、よっつくらいロマンスがあります(笑)でも濃い(癖のある)キャラが多くてファンタジーとしても十分面白い!七リーグ靴とか欲しい…けど距離の調整が難しそうだ。

クレストマンシーシリーズは、主人公はクレストマンシーのはずですが、基本的に視点が子供(で良いところで助けてくれるヒーローがクレストマンシーなのです。たぶん。)たちなので低年齢から楽しめる作品だと思います。クレストマンシーがまた(しぶ)カッコいい。…多少きらきらしてますけどね。でもやはりカッコいい。なんかいいお父さんというか、良い保護者というか…w子供だとキャット主役が一番読みやすい(共感しやすい)んだよなぁ。

……なんかあんまり覚えてないかもしれない……読みなおしたいが手元に本がない。とりあえず今度新刊かってこよ~っと。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。